夜勤専従看護師とは?

夜勤専従看護師とは?

夜勤専門の看護師=夜勤専従看護師と言うと、独身の方が多い印象を持つかもしれませんが、意外と小さな子供がいる方の方が働きやすかったりします。

沢山は働けないという方には夜勤専従パートという働き方もあります。

ひと勤務で3~4万円のほどの日給が出ますから、出勤日数は少なくても効率よく稼ぐことが出来ます。

週に2回程度の勤務でも、月収は24~30万円くらいになります。

2交代制の病院では勤務時間が16時頃から翌朝の9時頃までなので、子供の寝ている時間に働いて、日中のあいている時間はゆっくり子どもと一緒に過ごすことが出来ます。

日勤・夜勤の交代制の勤務よりも、夜勤専門のほうが慣れれば生活リズムも整いますよ。

夜間の子どもの預け先の確保が必要となりますが、家族の協力や身寄りなどの預け先が確保できない場合には、院内保育園を利用することになります。

最近では24時間体制の院内保育園も増えていますから、院内保育園の完備された病院を選ぶと良いですよ。

パートの看護師でも院内保育園は利用できますし、夜勤明けのときは夕方まで預かってくれたりと融通をきかせてくれます。

ごはんやおやつもすべて出していただけるので、安心して預けることができますよ。

2013年8月29日|